2010/10/22付けオープン。小ネタブログだろう等々言われてますが当人は下手でも横好きなフォトブログを目指しているのです。本当です。本当だってば!☆MonetのH/NでGANREFにも参加しています。


by ☆Monet

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
最初にお読みください
日々の出来事
写真・カメラ
航空機
壁紙
物欲メモ
イベント
音楽
PC・インターネット・モバイル
映画
書籍
未分類

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

最新の記事

Progress
at 2013-10-02 20:20
告知
at 2013-09-23 20:54
ゆうぐれフライト
at 2013-09-16 08:36
無題
at 2013-09-04 18:38
A320-200@四国山地上空
at 2013-08-31 18:00
余計なことは・・・・
at 2013-08-24 17:14
湖畔の朝
at 2013-08-23 22:57

最新のトラックバック

紫陽花寺 -三室戸寺-
from *monologue*
小林勝彦写真展
from E's Monologue.

外部リンク

フォロー中のブログ

Hunaudieres ...
小白の七拍子でノリノリ!!
必撮!勤め人
Monochrome P...
月のかけら
不思議空間「遠野」 -「...
UNABLOG
RAIL&SKY ...
The Pleasure...
SHOU-YARD  
お散歩写真 横浜
Photo is my ...
五感の記憶
Gattoのフォトブログ...
カメラ小僧の憂鬱
EOS と kotodaddy
poison
ピンの山が見えませぬ!ハ...
日記のような写真を
虹のいろ
Jester's Pic...
HarQ Photogr...
PHOTOLOG by ...
Mspace 64
不思議空間「遠野」別館
RWY07
Capu-photo D...
WILD AT HEART
vapor!vapor!
シンシアのしおり
ばーず of わんだー
Ryo,Onodera ...
☆Blue SKY☆
写真のある日々
Rakun Cafe
にょろにょろ日記
時間を止める
私的な時間。
やはりピンの山が見えませ...
蜂野武蔵は死んだのさ
Blowin dans ...
風の詩

検索

タグ

(120)
(109)
(53)
(52)
(43)
(38)
(38)
(33)
(29)
(28)
(26)
(26)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
鉄道・飛行機

画像一覧

カテゴリ:映画( 6 )

「図書館戦争」を観た件、他

e0214724_19471449.jpg


単身赴任のお陰で休日の時間に余裕ができたので「図書館戦争」(佐藤信介監督)を見て来ました。
原作読んでいない。アニメ観ていない。事前の評も見てない。プログラムも買ってない。ほとんど真っ白な状態での鑑賞です。

TVでCMを見たときは「???」だったのに敢えて選んだのは、現在TBS系列で放映している「空飛ぶ広報室」と同じ有川浩原作という点に興味を惹かれたからです。
未だかつて、毎週のように自衛隊機が出てくるTVドラマなんてあっただろうか?


えぇ、ヒコーキ目的で見てるんですよww>空飛ぶ広報室


基本T-4とC-1の登場回は入間(埼玉)でF-15の登場回は百里(茨木)での撮影が多いようだけど、5/19放映の回はレッドドルフィンズなT-4も映ってましたね。芦屋(福岡)でも撮影したのだろうか?>空飛ぶ広報室

・・・・ま、それはさておき本題の「図書館戦争」についてネタバレ防止を意識しつつ簡単に感想を書くと・・・・

・分野は違うけれどアマチュアなりに"表現者の端くれ"として、昨今の表現の自由に対する世間の風潮への危機感は理解できる。

・自衛隊の街で生まれ自衛隊を身近な存在として育った人間として、自衛隊のオマージュ的存在である「図書隊」に共感するところもある。

・しかし基本設定に無理がありすぎて説得力が弱い

・それをカバーすべきに人物像もストーリーも薄っぺらで平坦。

・・・・って、感じかな。

NGと感じた点について少し具体的に書きます。

読んでないので想像ですけど基本設定の「無理さ」は原作そのものに由来するのかな?

でもそんな事は百も承知での実写化でしょ?

だったら開き直って徹底的にアクションで誤魔化すとか、人物描写を重ねて「あるある!」って錯覚させちゃうとか対策はあったと思うのです。

そうですねぇ、設定に無理があるだけでなく描く視点が一方的なんですよ。
薄い割に尺が長い映画なのだから、悪役側の心の葛藤や心理描写に多少の時間を割けば、例え観る側が脳で無理を感じてもストーリーの厚みやリアリティを肌で感じられただろうに。

いっそアニメのほうが訴求力があったのでは?
あぁ、見てませんけど既にアニメ版はあるんでしたね。。。。


NGな点だけで終わらすのも気が引けるので良かった点も書きます。

まず、音響は良かったです。
劇場の中央からやや後ろに陣取ったんですが、ストーリー上、少なからずあった銃撃戦のシーンの臨場感を高めるためにサラウンドが巧く使われていました。
銃撃シーン以外でも室内と室外との音の響きを意識して使い分けてますね。
ってことで、どうせ見るのなら映画館での鑑賞をお薦めします。

あと配役も悪くなかったです。

先ず、堂上教官役の岡田准一@V6は若干舌足らずなところもありましたが、二枚目、尺不足、アクション・・・と、まるで若いころの真田広之を見るようでかっこ良かった(アクションはスタントマンかも知れませんが)。

主人公の笠原郁役の榮倉奈々もダイコンなりに(失礼)頑張ってました。
NHKの朝ドラ時代を思えば演技も上達してるし、主人公のキャラが彼女に合っていたのか悪い印象は無いです。ミリタリーな制服も長身の彼女には良くお似合いでした。

そうそう、嶋田久作は似ても焼いても毒がありそうで喰えない雰囲気を出してましたね。でも出番が少なかったのが勿体無い。もっと使えば良かったのに。。。。


と、グダグダとか来ましたが、総評としては・・・

どうせ有川浩原作作品なら「県庁おもてなし課」を選べば良かったよ!

・・・・かな。
こっちなら基本設定で躓くこともなさそうだから(笑)。


蛇足ですが、ワタクシ原作者の有川浩さんはてっきり男性(アリカワヒロシ)だと思ってました・・・・女性(アリカワヒロ)だったんですね(汗)

女性だけど自衛隊ネタが得意なんですね。
どんなバックボーンを持った方なんだろう?
[PR]
by k_monet | 2013-05-23 19:52 | 映画

ホビット~思いがけない冒険

e0214724_22445297.jpg



一週間ぶりの更新です。

半ば無理やり時間を作って久しぶりに映画館で映画をみてきました。「ホビット~思いがけない冒険」(監督:ピーター・ジャクソン)の3D版です。
本当は映像や音に集中できる吹替版が希望だったのだけど、上映時間の都合上字幕版になりました。

以下、ネタバレになることを極力避けつつも感想を書かせて頂きます。

興味のある方はどうぞ
[PR]
by k_monet | 2013-01-08 22:49 | 映画

ホビットの冒険!(予告編)

ロード・オブ・ザ・リング(原作邦題:指輪物語)の前日譚である、ホビット(原作邦題:ホビットの冒険)の予告編が、Youtubeにアップされていました。


スッごい楽しみ・・・・・っ!なんですけど、公開は2012年の12月だって。
日本公開はさらに先なのだろうね(;´Д`)
[PR]
by k_monet | 2011-12-25 08:00 | 映画

トップガン続編の件

ま、ちょっと関西出張の話は横に置かせて下さい。



以前から話題に登ってはいた、映画「トップガン」の続編の情報が少しづつ流れています。

なにしろワタクシにとって「トップガン」と言えば・・・・

・アメリカ海軍が全面協力
・本物の戦闘機(F-14)が空中戦
・トム・クルーズの出世作
・ケニー・ロギンスが歌う主題歌"DANGER ZONE"の他、挿入歌が大ヒット
・戸田奈津子センセイが航空母艦(aircraft carrier )を「航空機運搬船」と翻訳
・拙ブログのタイトル画像でもチョコット意識

と、色々思い出に残っている思い入れも強い映画なもんで捨てておけないのです。

なんでも報道によりますと

「映画の主人公として、『無人機をリモート操作する米空軍のコンピューター・ギークたち』を想定しており・・・・」

と、前作とはかなり違った趣の作品になる模様です!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ゚д゚)?


ムジンキ?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ゚д゚)?
リモートソウサ?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ゚д゚)?
コンピューター・ギーク?・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ゚д゚)?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・( ゚д゚)( ゚д゚)( ゚д゚)?
[PR]
by k_monet | 2011-10-22 18:16 | 映画

カーズ2 を観てきた

注:右側の人、決して踊ってるわけではありませんw
e0214724_7452392.jpg

[EOS 7D + EF28mm F1.8 USM]

昨日、療育手帳を持っている娘と二人で近くのシネコンで「カーズ2」を観てきました。
「ディズニー命」なんですよ>娘
だから二人で2千円で観られるとは言えその8~9割はディズニー作品で、残りはジブリかドリームワークスのアニメという状況。

ロードショー中の映画のレビューは色々書くと色々面倒だから書かないけど、折角だから感想だけ。

楽しかったし面白かったけれど、従来、老若男女全方位対応を方針としてるピクサーの作品としては、多少?と思うところも。
というのもストーリーの流れがディズニーアニメとしては複雑なんですよ。

同じジョン・ラセター監督作品でもこれまでのトイ・ストーリーやモンスターズ・インクやファインディング・ニモやカーズ(前作)などは、主人公たちの境遇・動機・意思が映画のストーリーと直接リンクしているので、観客は例え途中の伏線などが判らなくても違和感なく付いて行けたと思う。

だけど、このカーズ2の場合、レースの話と"ミッション・インポッシブル的"な話の、2つのストーリーが並行する形で話が始まり、進んでいく中でそれらが重なり始め、最後に一つに繋がる・・・ってな感じなので、両方の話のつながりを想像しながら観ていくことが強いられるわけですよ。

それは大人にとっては楽しいことだけど、思うに小学校低学年以下くらいの子供にはこの映画って、レースや飛んだり跳ねたりというシーンは楽しめても、このストーリーに付いて行くのは難しい作品なのではないかな?
現に、途中で小さな子供が退屈して騒ぎ出した家族連れが2家族くらいあったし、エンドロールが始まった瞬間に、席を立って出口に向かう家族連れが相当いました。
ピクサーの作品ってエンドロールの途中や最後に「仕掛け」があることも少なくないので最後まで観ないと損する可能性があるのだけどね。

まぁ、一観客としては面白かったから良いのだけど、この映画にとって小さな子供は決してストーリーから置いてきぼりにしちゃいけない客層だと思うのだけど、どうだろうか。

・・・・結局、色々書いてるわなw>自分

ちなみに、Perfumeの「ポリリズム」は作品の世界に違和感なく完全に馴染んでましたヨ。
(観たのが日本語吹替版だったのでエンディングでも流れました)


そうそう、見終わった後、娘が映画館のロビーにカーズ2のマックイーンを背景に撮れるプリクラを見つけて撮りたいというので二人で撮ったのだけど、仕上がりをみて笑っちまいました。

えらいエフェクトが入ってて、二人ともお目目クリクリ~の、お肌サラサラ~って感じにされてるの。



正に・・・・・

こんな感じ
[PR]
by k_monet | 2011-08-16 07:55 | 映画

The Space Pirate Captain Harlock

うなさんがブログで紹介してた「フルCGで2012年映画」ってこれなのね。。。。



すげぇ・・・・
[PR]
by k_monet | 2011-02-19 00:28 | 映画