2010/10/22付けオープン。小ネタブログだろう等々言われてますが当人は下手でも横好きなフォトブログを目指しているのです。本当です。本当だってば!☆MonetのH/NでGANREFにも参加しています。


by ☆Monet

プロフィールを見る
画像一覧

カテゴリ

全体
最初にお読みください
日々の出来事
写真・カメラ
航空機
壁紙
物欲メモ
イベント
音楽
PC・インターネット・モバイル
映画
書籍
未分類

以前の記事

2013年 10月
2013年 09月
2013年 08月
2013年 07月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 03月
2013年 02月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月

最新の記事

Progress
at 2013-10-02 20:20
告知
at 2013-09-23 20:54
ゆうぐれフライト
at 2013-09-16 08:36
無題
at 2013-09-04 18:38
A320-200@四国山地上空
at 2013-08-31 18:00
余計なことは・・・・
at 2013-08-24 17:14
湖畔の朝
at 2013-08-23 22:57

最新のトラックバック

紫陽花寺 -三室戸寺-
from *monologue*
小林勝彦写真展
from E's Monologue.

外部リンク

フォロー中のブログ

Hunaudieres ...
小白の七拍子でノリノリ!!
必撮!勤め人
Monochrome P...
月のかけら
不思議空間「遠野」 -「...
UNABLOG
RAIL&SKY ...
The Pleasure...
SHOU-YARD  
お散歩写真 横浜
Photo is my ...
五感の記憶
Gattoのフォトブログ...
カメラ小僧の憂鬱
EOS と kotodaddy
poison
ピンの山が見えませぬ!ハ...
日記のような写真を
虹のいろ
Jester's Pic...
HarQ Photogr...
PHOTOLOG by ...
Mspace 64
不思議空間「遠野」別館
RWY07
Capu-photo D...
WILD AT HEART
vapor!vapor!
シンシアのしおり
ばーず of わんだー
Ryo,Onodera ...
☆Blue SKY☆
写真のある日々
Rakun Cafe
にょろにょろ日記
時間を止める
私的な時間。
やはりピンの山が見えませ...
蜂野武蔵は死んだのさ
Blowin dans ...
風の詩

検索

タグ

(120)
(109)
(53)
(52)
(43)
(38)
(38)
(33)
(29)
(28)
(26)
(26)
(22)
(22)
(21)
(21)
(21)
(17)
(16)
(16)
(16)
(15)
(14)
(13)
(13)

ブログパーツ

その他のジャンル

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

カメラ
鉄道・飛行機

画像一覧

タグ:カメラ ( 16 ) タグの人気記事

いま、そこにある機器~カメラ・レンズ編(2013.07.05)

・・・・とかベタなタイトルで書き始めて最近トム・クランシーを読んでないと思った。
レインボー・シックスくらいまでは結構読んでたんだけど。

さて、EF24-70mm F4L IS USM購入記念に現在所有のカメラ・レンズ類を列記してみます。

1.カメラボディ
Canon EOS-1V (Film)
Canon EOS 7D (Digital)
Canon EOS Kiss (Film)
RICOH GXR ボディ (Digital)

2.交換レンズ
Canon EF28mm F1.8 USM
Canon EF50mm F1.4 USM
Canon EF-S60mm F2.8 MACRO USM
Canon EF-S10-22mm F4.5-5.6 USM
Canon EF24-70mm F4L IS USM ← New!
Canon EF70-200mm F4L IS USM
TAMRON SP AF90mm F/2.8 MACRO 1:1
Sigma 18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSM
Sigma 120-400mm F4.5-5.6 DG OS HSM
RICOH LENS S10 24-72mm
RICOH LENS A12 50mm F2.5 MACRO

純正だけで9本、タムとシグマのEFマウントを入れると12本か・・・
数だけは増えたなぁ、防湿庫がいっぱいになるはずだ(笑)

この中で今後使用頻度が大きく下がるのはEF-S60mm F2.8 MACRO USMと18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMでしょう。
特に18-125mm F3.8-5.6 DC OS HSMは、(撮像はケラれるけど)EOS-1vで検証してOSの動作に問題がなければ、OSの暴走はファームアップしたEOS 7Dとの相性問題に過ぎないと判断してドナドナします。きっと二束三文なんでしょうがもう使うこともないでしょうから。
EF-S60mm F2.8 MACRO USMはボケ味が綺麗なので気に入っていますが、EF24-70mm F4L IS USMでマクロ撮影時のハイブリッドISの凄さを体感してしまった今では非常に微妙な存在になってます。
少なくとも手持ち撮影時に持ち出すことはないでしょう。かと言って三脚使うときはTAMの90mmの登板だろうから・・・やっぱりドナドナですかねぇ。

GXRはディスコンなんだろうなぁ。
個人的にA12 28mmユニットに注目してたけどGRがAPS-C化した今ではわざわざこれを選ぶ意義も薄れてるし、今後GXRシステムを拡張することはなさそう。
ただし当面ドナドナはしないと思います。何しろ春に買ったスマホ(HTC J ISW13HT)のカメラ機能を何度か使ってみてこれでは納得出来ないことがわかったので!

ちなみにEOS-1vの購入以降全く出番が無くなったEOS Kiss(Film)は、キタムラなどで何か新品を購入する際の下取交換要員です。まぁ下取り交換入れても大概はキタムラより富士カメラの方が安いけどねw
[PR]
by k_monet | 2013-07-05 12:29 | 写真・カメラ

ふぁーすと・いんぷれっしょん@EOS-1v

e0214724_2282358.jpg


EOS-1v(BP-E1付き)を使っての感想です。
使い始めて間もないので感覚的なものですが、自分のための第一印象の記録という意味で書きます。

なお、実写画像は後日掲載します。

1.第一印象

・迫力のフォルム
 バッテリーグリップのBP-E1を履いてることで迫力満点。ちょっと怖いくらいに厳つい。こんなもの向けられたら、撮られるのが苦手でなくてもビビるかも?

・ヘビー級
 本体にBP-E1と電池を足すと軽く1.2kgを超え。振り回したら凶器になりそうなくらい重い。
 BP-E1を外した重量は7Dと極端には違わないが如何せん中古。BP-E1を外した時に必要になる本体グリップが見当たらない。買うと4~5千円もするので悩み中^_^;

2.使ってみて

・見易くてピントの山も判るファインダー
 キヤノンのAPS-Cモデルのなかでは最高の7Dより更に見やすい。
 7Dは少々辛かったEF28mm F1.8とEF50mm F1.4でMFによるピン合わせも十分可能で流石はフラッグシップモデル\(^o^)/
 まぁ7Dはライブビューという最終兵器を持っているけどね。

・デジタルEOSに近い操作感
 モード設定などが7Dとは異なるものの、1Dの母体となった機種だけにAFエリアや露出補正など一番多用する操作がEOSデジタルと同じ感覚でできる。サブ電子ダイヤルを考えた人は偉い。

・最高クラスのレリーズタイムラグ
 1vと比較してしまうと7Dですら劣ることがハッキリ判る(汗)。
 「打てば響く」というのはこういうのを言うのか・・・・これまたフラッグシップモデルの凄さを実感&体感。

・存在をアピールするシャッター&巻き上げ音
 比べるのも憚られるが文字にするとこんな感じ。
 Kiss:「パコンっっ・・きゅぃぃ~~~~~~~~~~~ん。」
 1v:「ガシャキュン!」
 賑やかな公園の中でも視線を浴びる響き。外形の存在感と併せてストリートでキャンディッドなんてかなりの無理スジ。でもこの音がレスポンスの良さと相俟って気持ち良い。これまた流石のフラッグシップモデル。

・単三電池使用可
 BP-E1があれば単三電池が使える。
 電圧の関係でオキシライドは禁止だけれど、エネループが使用できるのは嬉しい。

3.懸念されること残念なこと

・縦位置ボタンがない
 EOSデジタル用のバッテリーグリップなら付いている縦位置用シャッターボタンが
BP-E1にはない。どうしても必要ならパワーブースターを買うしか。。。惜しい。

・ES-E1が販売終了
 フィルム機のくせに撮影情報をデジタルで記録してパソコンに転送できるのが1vのウリの一つ。しかしそれを実現するために必要なES-E1(ソフトとケーブルのセット)が既に販売終了。フラッグシップモデルのオプションなんだから本体の販売終了までは販売/サポートを続けるべきでは。あぁ口惜しや。
 ちなみに銀座のサービスセンターに持って行くと記録された撮影データを有償でプリントアウトしてくれるらしいがフィルム1本につき1050円とのこと。いくらなんでも高杉だってば(;/´Д`)/オイオイ
[PR]
by k_monet | 2012-04-12 07:00 | 写真・カメラ

EOS-1vの理由

既に書いた通り中古ではありますがEOS-1vに手を出してしまいました。

理由は初代銀塩Kissで撮っているうちに、MFし易いファインダーを持つEFマウントのカメラが欲しくなったことに尽きます。

以前もチラと書きましたが、撮ったその場で確認ができないフィルムカメラでは、ファインダーの良し悪しがデジタル以上に結果に影響し易いからです。
もっともフラッグシップモデルって、それだけを理由にしてに手を出す様なシロモノでもないと思う。
けれどAF性能に頼ることを前提に作られているEOSシリーズは・・・・

世代を超えてピントの山が掴みにくい(汗)

・・・・のですよ。
故に良いファインダーを持つ機種を探すと、自然とフラッグシップモデルに行き着いてしまうのです(新品には手がでないので当然中古)。

まぁファインダーだけが理由なら先代の1nでも良いのだけれど、フラッグシップモデルのオーナーには本格的に使う人が多い上、完全な電子カメラであるEOSの中古には故障時の修理対応に不安がつきまといます。世代の古い1nとなれば尚更。

せめてAB品(良品)をと思いネットで探したところ、キタムラにて化粧箱、取説、バッテリーグリップBP-E1付きの1vを発見。
もしバッテリーグリップではなくパワーブースターの着いた1v HSなら、最大で10コマ/秒の連写速度を誇るものの"飛びもの"は7Dに担当させるつもりなので不要と判断。
というか・・・・

フィルムを10コマ/秒で消費してたら身を持ち崩しますよ?(汗)

・・・・とにかく現行品なら当面は故障対応も心配ないし、これはチャンスと判断して家の最寄り店に取り寄せて実機を手にしたところ、なるほど小さな擦り傷はあるものの丁寧に扱われてきたことが伺える品。
動作もするしシャッター幕も綺麗で異常は無さそうだったので手持ちで頭金を払い残りは夏茄子一括での購入を決意した次第。

価格は35千円

中古とは言え、日本を代表するカメラメーカーのフラッグシップ一眼レフの「現行モデル」ですよ?
それがコンデジ並みの価格で買えるなんてデジタルではまずあり得ない。
嬉しい半面でフィルムの衰退を如実に現している様で複雑な気分ではあります(汗)

ということで購入の経緯はこんなところです。
実際に使っての感想はまた後日。
[PR]
by k_monet | 2012-04-11 12:39 | 写真・カメラ

さて、ここで問題です。

私は誰でしょう?

e0214724_21462771.jpg







↓回答はこちら↓

それは・・・・・
[PR]
by k_monet | 2012-04-10 21:56 | 写真・カメラ

銀塩Kissのファインダー

今回はテキストのみ。

先日掲載したアマリリスの写真を撮った時に7Dと並行して銀塩Kissも使いましたが、その時に痛感したのが銀塩Kissのファインダーの貧弱さ^_^;

ファインダー倍率や視野率の低さもさることながら、とにかくピンの山がつかめない。

スナップなら被写体との距離もあるし、ある程度絞り込むことが多いのでAF&フォーカスロックで大丈夫ですが、被写体との距離が近く絞りも開け気味で撮る場合はコサイン誤差が大きく影響してきます。
そんな時でもデジタルならライブビューの拡大映像でピン位置を確認したり撮影結果の確認もできるけれどフィルムでは不可能。

目を凝らした挙句よく分からなくて・・・・

「こんなもんだろ」

・・・・と、妥協してシャッターを切ることに。

そもそもAFカメラのファインダーってMFカメラと比べるとピンの山が掴みにくい。
その上「ピンはAFに任せろ」が基本スタンスのEOSの、それも約20年前の入門機を使っているのだから尚更か(;´Д`)

ファインダーの見やすいフィルムカメラが欲しくなってきましたよ。
でもねぇ、今更FDマウントに戻ったり、Fマウントに逝って新たにレンズ揃える訳にも行かないし・・・・・

・・・・危険だ(汗)
[PR]
by k_monet | 2012-04-04 22:48 | 写真・カメラ

「激」

・・・・って、読むのかな?
多分そんな感じ。

e0214724_22562148.jpg

[EOS 7D + EF28mm F1.8 USM]

明日から出張です。
GXRもって行ってきまっす。

あ~そうそう、
[PR]
by k_monet | 2011-10-19 22:58 | 写真・カメラ

ぽちりぽちり。

小物ばかりですがポチリ続けています(^^;

今回届いたのは、BUFFALOのメモリカードリーダとHAKUBAの本革ストラップの二つ。

前者はこれまで使っていたリーダーがSDHC未対応ということに遅ればせながら気づいたからw。
後者はGXR付属のストラップの使い心地が悪かったのと、どうせなら少し洒落たのが欲しいと思ったから。

後者については、本当はユリシーズのカメラケースとレザーストラップがいいな・・・・と思ったのだけど、ケースが13,650円、ストラップが5,985円の併せて2万円弱もするので簡単には手がないです。

GXR用のレザーケースは他にも売られているけれど、使うユニットによって形状が微妙に変化するカメラなので、方向が定まっていない今の時点でケースまで買うのは非常に危険。
故にお買い得感があってそれなりに見栄えの良いHAKUBAのストラップを注文するに留めたという訳です。

うむ、一応理性は働いている様だ > 自分

現時点ではw

ちなみに、購入したHAKUBAの本革ストラップは、ボディと結ぶ先紐部の幅が微妙に広く、ハサミで先端を削る必要がありました。
そうすると削った部分から糸がささくれて毛羽立ってしまうのですよ。仕方ないので先端部を接着剤で固めました。

ちなみにストラップ換装後の外見はこんな感じ。
e0214724_21554290.jpg

使われている革も思った以上に柔らかくていい感じです。

って、ことでとりあえずケースは置いておくとして、あとフードが欲しいなぁ。
でもS10カメラユニットって純正フードをつけるのにアダプタも必要で、結構高くつくのだよね。
[PR]
by k_monet | 2011-09-23 21:58 | 写真・カメラ

VF-2を装着してみた。

今朝のエントリで、ポチったと書いた品々が次々と到着しています。
早速、保護フィルムを貼り付け、メモリカードを入れ替え、液晶ビューファインダーVF-2を取り付けました。
こんな外観になります。
e0214724_21563133.jpg

これで晴れた日中の屋外での撮影が行い易くなると思われます。

さて、残りは自動開閉キャップのLC-2。
これはもう少し時間がかかりそうです。
[PR]
by k_monet | 2011-09-19 21:57 | 写真・カメラ

さて、ここで問題です。

7月の終わり頃に書いたエントリで新しいコンデジとして何を買うか候補を4つ挙げました。

その時点での評価は・・・・

DP2x:13点
S95:13点
GR-D3:14点
X100:14点


と、どれも甲乙つけがたくほぼ横並び状態でした。

さて、ここで問題です。

結局私は何を買ったと思います?

ヒントです。

e0214724_845406.jpg


もうお分かりですね。
GR-Dは手ブレ防止機能を内蔵したGR-D4が発表されたこともあり現行品が安くなっています。
そうです、私が買ったのは・・・・

コレっっ
[PR]
by k_monet | 2011-09-17 08:58 | 写真・カメラ

自分に相応しいコンデジについて考えてみる その2

コンデジ選びの続きです。

昨晩のエントリでは4機種大接戦という結果になりましたが、それに対してGattoさんよりファインダーも評価のポイントに入れてはどうか、とのご意見を頂きました。

うむむ、なるほどご尤もです。

フィルム時代からの写真好きにとって、ファインダーの有無というのは、視野率100%の液晶ビューワーの有無にかかわらず結構大きいのですよ。
その利点には・・・・

・従来と同じ感覚でホールドできる
・額でも抑えることで手ブレ抑止効果
・逆光時でも構図を確認可能
・流し撮りしやすい(動体を追いやすい)
・なんとなくかっこ良いw ← 結構重要


・・・・等々あります。

ファインダーに関して一番評判が良いのはなんといってもX100ですよね。
光学ファインダーとEVFの切替使用というのはスバラシぃ!3点加算しちゃいます。

DP2xとGR-D3はオプションで販売されている外付け光学ファインダーが使えます。
但し取り付けると携帯性を損ないますし、どちらもコンデジをもう一台買えそうなお値段がしますので、これらのことを考慮して1点だけの追加にしておきます。

S95は・・・・無理ですよね?
もし無理に付けてもむしろカコワルそう(^^;

すると結果は・・・・

決着か?
[PR]
by k_monet | 2011-07-23 14:22 | 写真・カメラ